家族会名

NPO法人横須賀つばさの会

目的/理念

精神障害者の家族会として、精神障害者の自立と就労への訓練や支援の場としての就労継続支援B型事業所等の設置及び運営等に関する事業、精神障害者や、その家族の支援等に関する事業、並びに精神保健福祉に対する地域社会の理解の促進等に関する事業を行い、保健、医療及び福祉の関係諸機関と連携した活動により、地域社会における福祉の増進に寄与することを目的とする。

沿革

設立年月日 平成2年4月27日

活動内容

講演会、家族交流会(会員相互の情報交換)、保健所と連携した一般市民向け相談会(家族語らいの会) 、就労継続支援B型事業所等の運営、レクリェーション、会報誌発行による情報の発信

定例会  :2020年度予定

会場:保健所3階 第1研修室

月  日内  容
1934月2日(木)新型コロナウイルスの影響により中止
1945月28日(木)新型コロナウイルスの影響により中止
1957月2日(木)書面表決による総会
19610月1日(木)講演 「親亡き後に備えて、今できる事」 講師:大賀 四郎氏 (佐倉市 かぶらぎ会会長)
19712月3日(木)レクリェーション(会食と意見交換会)
1982月5日(金)講演「障害者の福祉避難所」 講師 横須賀市危機管理課

活動拠点/事務所

登録上の事務所は「就労継続支援B型事業所 つばさ第二」 内です。

保健所研修室、市民活動サポートセンター、総合福祉会館にて、定例会、理事会、企画会議、家族交流会を開催しております。

会報の発行

「つばさの会通信」 年6回 隔月発行

会員数

90名

会費

月額500円 (入会金500円)

会員の声

我々の「NPO法人横須賀つばさの会」は10指に余る事業、行事を展開しております。また、県や市の障害関連部門、保健所、さらに上位組織のじんかれん、他の障害関連組織・施設・団体などとの連携も見事です。私には、事業の総てを語る能力はありませんが、この世界でも評価が高いと聞いております。さらに、事業所の運営など、さきにあげた、障害者同士の情報の共有などを含め、積極的に行事を企画し実行される等の運営をされております。「つばさの会通信」この機関誌、いろいろ創意工夫をこらし編集されて、会員やその家族に適切な情報を提供し、心をつなぎ、絆を深めております。また、入会の門戸が大きく開かれました(入会金が500円になりました)。我々と共に悩み、それを解決する会員が増えれば、それが力となって、会としての発言力が増すなど問題の解決がしやすくなります。機会をとらえ、お誘いしたいものです。そして、会友になれば、精神的・時間的ときに経済的に、負担が軽くなるでしょう。それを皆さんが、経験されているように。
2020/1/24(会員M・M)

入会を希望される方へのメッセージ、PR

『あなたのそばに私たちがいる』をモットーに統合失調症、うつ病、躁うつ病などの精神疾患をもつ人を身内にかかえる家族が集まり、同じ悩みを語り合い、互いに支え合う家族会です。 ぜひ体験入会をしてみて下さい。

運営している事業所 

①就労継続支援B型事業所 つばさ

 横須賀市三春町2-4 EMIAS(エミアス) 203号室 TEL 046-874-4290

 《アクセス》京急堀ノ内駅より徒歩5分

②就労継続支援B型事業所 つばさ第二

   横須賀市船越町1-50 山田ビル2F TEL 046-861-2373

 《アクセス》京急田浦駅より徒歩5分

③地域活動支援センター 喫茶レゼル

 横須賀市船越町1-50 TEL 046-861-2386

 《アクセス》京急田浦駅より徒歩5分

お問い合わせ先

   お問い合わせ、入会希望は じんかれん理事(横須賀つばさの会担当)

小松(TEL 090-4610-8772)・三冨(TEL 090-1692-0148)まで

   尚上記に連絡つかない場合は「じんかれん事務所」にお問い合わせ下さい。

じんかれん事務所
TEL: 045-821-8796 10:00~16:00(火・木)
FAX: 045-821-8469
E-mail: jinkaren@forest.ocn.ne.jp