家族会名

海老名精神保健福祉促進会 「2πr」(ニーパイアール)

目的・理念

精神疾患を持つ者の家族として、悩みを分かち合い、病気について学び、まず自分たちが元気な家族になること、そして理解者、支援者になることを目指します。

沿革

設立年月日 2001年3月14日

活動内容                                                       

(1)話し合い(悩みや困り事を出し合い、どうしたらよいかを皆で考える)

(2)学習(講演会、SSTなどに参加し病気についての知識を得、対応を学ぶ)

(3)他との連携(市障がい福祉課、関係事業所、当事者、ボランティアの方々)

(4)行事(市との懇談・講演会・学習会・施設見学会、新年会、日帰り旅行等)

定例会

(1)毎月第2土曜日 13:00~16:00
   海老名市総合福祉会館

(2)毎月発行の通信を読みながら、情報交換、各々の近況報告
  (悩みなど出し合い、皆で話し合う)

会員数

23名

会費

350円/月

会員の声

(1)子供が病気になり、どうすればいいかわからず、2πrで先輩たちの話を聞いていろいろ参考になり感謝しております。

(2)地域の情報が入ることで大変役立っています。会員の皆様が直ぐ助けてくださる行動力に感激しました。

(3)統合失調症の長男の症状が悪化し困っていましたが、家族会があるのを知り、親切に話してもらい気持ちがとても楽になりました。
自分一人で悩んでいるのは大変です。ぜひ入会しましょう。

入会を希望される方へのメッセージ

精神疾患という厄介な病気にかかってしまった本人はもちろんですが、家族も日々本当に大変です。家族会に入ってお互いの悩みを打ち明け、アドバイスし合って、元気になりましょう。ひとりで悩んでいないで、重荷をおろしてください。
どうぞ見学にいらっしゃってください。お待ちしております。

お問い合わせ先

海老名市杉久保南2-17-17 雙田(そうだ)春枝

☎ 080-2333-4987

2018年度主な活動

「県民の集い」 オ-プンダイアロ-グ(開かれた対話)の講演
*「当事者ひとりひとりが自信を持って生きてゆくには」
講師(森川すいめい医師)と家族会会員によるロ-ルプレイ
11月10日:海老名市文化会館 小ホ-ルで開催

じんかれん 2πr 写真1
じんかれん 2πr 写真2

2019年度主な活動

海老名市精神保健福祉促進会「2πr」では、下記の講演会を開催しました。
当日行いましたアンケートの結果を報告いたします。

1.会期:2019年10月26日(土)13:30~16:00
2.会場:海老名市総合福祉会館 1階娯楽室
.講演:「精神科訪問看護におけるオープンダイアローグの実践を通して見えてきたこと」
4.講師:三ツ井直子氏 訪問看護ステーションKAZOC
     山本雄次氏  ゆうりんクリニック
     伊藤裕子氏  グループホーム・プラムタウン

(R1,10/26 午後  海老名市総合福祉会館にて実施) 

三ツ井直子さんの講演「オープンダイアローグの実践」結果報告

R1,12/14   海老名精神保健福祉促進会「2πr」

1.参加者 74名 

住まい 

海老名市32   厚木市13   相模原市13   他10市16

立場(複数回答有り)

家族50  福祉10  当事者5  一般4  行政3  医療1  学生0  未記入4

2.講演についてのアンケート結果 (提出者52名)

 良かった44  普通4  あまり良くなかった1  未記入3

1)「オープンダイアローグ」そのものについて

*「オープン」が「プロセスをオープンにする」ということを学んだ。

*対話によって心が開かれることが実感できてよかった。

*方法ではなく、自由に話せる環境を作ることかと感じた。三ツ井先生たちが真剣に取り組んでくださった様子に感動した

*講演会と思っていたが、相互の対話形式でちょっと違っていた。

*1対1の対話でなく、第三者を交えて多くの人数で皆が対等の立場で話すことで、当事者も話しやすく心を開いていかれるのだなと感じた。

*興奮している本人をどう会話の中に引き入れるのかが難しい

2)リフレクティングの実践(観客参加の4人一組ロールプレイ)について

とても良かった8  難しかった2  もっと時間が欲しかった1  実践して理解が深まった1  又こういう機会が欲しい1

3)オープンダイアローグの実践のお話を聞いて―感想、思い、願いなど

*参加型の講演会で有意義に聴けた。

*講師3人のチームワークが良かった。

*とても良い講演会だと思った。グループ討論や講演の進め方が分かり易かった。

*訪問看護もここまで進んできたことをうれしく思う。

*実際の治療の成功例を紹介してほしい。

*講師の方が、会を進める時も話し合って、対話の場を常に作っているのがとてもよかった。

*ヒントを頂いた。時間がもっとあれば、実演を観てみたかった。
(福祉関係)

*温かみが大切と感じた。会話に生かしたいと思った。

*家に帰り娘と話します。気を付けて対話をします。

*オープンダイアローグの精神を日常の生活の中で生かしていきたい。

*実際の様子がうかがえてよかった。もっと詳しく学びたい
(福祉関係)

*誰もが困っていることは同じかな?自分だけじゃないと思うこと。
(当事者)

*オープンダイアローグの取り組みをもっと地域で実践できるとよいと思う。身近な家族で実践してみようと思う。

*オープンダイアローグの実践を取り入れていく医療、病院がたくさんできることを希望する。

*精神科病院の無い海老名で、訪問看護によるオープンダイアローグをぜひ精神治療の一つとして受診できることを願っている。

*フィンランドの実際のオープンダイアローグをそのまま実践するのは、今日の日本では困難なので、対話することの重要性(良いところを取り入れる)を感じた。当事者たちが地域でよりよい生活ができるように退院後の支援を充実させてほしい。家族以外にも支えてくれる機関が多くなることを願っている。

*素晴らしい取り組みだ。日本で実現は簡単ではないと感じるが、長い目で見て、あきらめないで一人、二人と増えて行ってくれることを願っている。私たち家族も学びが大事ですね。

*とても大切な治療法と思うが、訓練を受けた精神訪問看護師が少ない。日本には対話の土壌がない。医療者自体が精神疾患者に偏見を持ち、まともに話を聞いてくれない。日本の精神医療に取り入れるには今後どうしたらよいか?

*これからの精神医療に必要な事だと感じた。私も訪問看護師としてその一助になれたらと思う
(医療関係)

*いま日本にできること、今みんなでできること、今私にできること、少しでも今日の講義が有意義なものになりますように。

*こういうオープンダイアローグを、まず医療関係者すべての人が学び、実践して言ってくれることを切に願う。

*現実味がなく、病院とか医師に聞いてもらいたい。

*三ツ井さんにお声がけいただいて、皆さんの前で私が受講しているオープンダイアローグトレーニングコース、そしてそこに家族として(当事者の)妻と参加した経験を話させていただいた。少しでも興味を持っていただければありがたく思う。

*当事者の話を聞くことが出来とても参考になった。人を傷つけるのも人だが、人を救うのも人なのだと改めて学んだ。

*私はいろいろな立場なので、複雑な気持ちをいつもかかえているがそれを受け止めていてもらえる場所がない。市には家族会もなく、当事者だと家族会には入れないことも多いので不満があふれてしまう。なのでグループを作っているが協力者がいなくて、人が増えず市は財政難で心の病に関する周知などにお金を掛けられない実情がある。オープンダイアローグまではできないが対話はとても重要だと思うのでそういった場所を作っていきたいと改めて感じた。自分自身は孤独だが、これからの人にそんな思いをさせたくないと思っているので、とても勉強になった。いろんな人が「わけ隔てない対話」に興味を持ってくださるといいなと思う。
(他市 当事者・家族・ボランティア)

3.本日の催しについて、その他

*白板の字がよく見えない。

*オープンダイアローグの第3弾をぜひお願いいたします。

*オープンダイアローグ講演会をまたやってほしい(同じ内容でOK。回数の積み重ねが必要)

*医者、カウンセラー、学校関係の方々など、専門家の方々に広まり、社会全体に普及していって欲しいので、このような催しを 沢山増やしていただきたいと思う。

*2πrさんの会報を毎回見させていただいて素晴らしいと思っています。厚木と海老名が力を合わせていけたらいいですね。

*とてもよかったです。対話ができたことです。

*ご家族の皆様の大変さがよく分かった。家族の持つ役割は(病気の本人が思いを吐き出す場として)大きいと思う。
(地域広報誌担当)


アンケートをまとめてみて分かったこと、感じたこと

たくさんの方々が、「オープンダイアローグ」の趣旨に共感、賛同し、日本に広がり、治療に生かされることを大変期待している。又オープンダイアローグについてもっと深く知りたいと願っている方々もたくさんいるようだ。このような講演会をたびたび持って欲しいという声もあった。皆さんの「オープンダイアローグ」という新しい、画期的な治療のあり方への熱い期待を感じた。                                  

(H.S)

191223-2pir-open-dialogue-lecture-photo